木造の仮設住宅が持つぬくもり 

木造の仮設住宅が持つぬくもり

 

 昼にチキンカツカレーとサラダを食べた、きららホーム代表の井上です。

 

今日は午前中に、瑞穂市内のお寺の本堂の修繕工事のご契約をしていただきました。

由緒ある木造建築なので、大工さんも私たちも、気合いが入っています。

T様、ありがとうございます。

 

 そのお寺は関ヶ原の合戦の前からあり、現在の本堂も築100年を悠に超えるそうです。

長年使い込まれた建物の持つ風格とぬくもりは、ほっとするような感覚を覚えます。

木造建築のぬくもりと良さの真髄を見ることができますね。

 

 

仮設住宅を木で造ろうという動きが起こっています。

仮設木造住宅。岩手産の杉が主な材料。

 

普通仮設住宅と言えば、軽量鉄骨造、いわゆるプレハブなんですが、

はっきり言いまして、断熱性、遮音性は考慮されておらず、

寒い、結露がひどい、音は筒抜けで、その割に値段は高い、

快適とはとても言えないモノです。

(造ったことがあるので分かります)

 

でも、この仮設の木造住宅は、その寒い、結露、音が筒抜けで費用が高いという、

従来の仮設住宅の問題点を解決しているからスゴイのです。

 

何より、材料の杉は、東北地方にたくさん育っています。

無垢の木を床や壁・天井にも使うことによるぬくもりと癒しの効果

前述の住環境改善、被災地の雇用対策産業育成林業再生

さらに林業が生き返れば、沿岸に豊富に魚が集まってくるため漁業の再興にもなるという、

一石何鳥にもなる素晴らしい底力を秘めたプロジェクト。

それでいて費用は軽量鉄骨造より、安い

 

岩手県住田町から始まったこの運動が、

被災地の復興に大きく寄与してくれることを祈るばかりです。

 

木造の仮設住宅が持つぬくもり 

きららホームへのお問い合わせ・ご相談・お見積りのご依頼はこちら

  • 資料請求
  • ご相談・見積り
  • 無料診断
お気軽にお電話ください。
お問い合わせは今すぐ フリーダイヤル 0120-28-5893
fax 24時間対応 058-328-5738
または、お問い合わせフォームよりお問い合わせ下さい。お問い合わせフォームへ
お問い合わせ後に無理な売り込みや訪問販売は一切いたしません。