合板より無垢のフローリングの方が、冷たく感じないわけ

合板より無垢の床のフローリングが、冷たく感じないわけ

 

きららホーム代表の井上隆元です。

同じ木なのに、無垢のフローリングはどうして冷たく感じないのでしょう?

IMG_2346.jpg

先日、

「合板フローリングも無垢フローリングも

同じ『木』でできているのだから、

熱の伝わりやすさ(熱伝導率)は変わらないはず。

だから温かさは変わらないはずでは?」

というご質問を頂きました。

 

おお、専門的ですな。

 

 

確かに、両方とも木xmasから出来ています。

もともと木は繊維の束でできており、

繊維の間に空洞をもっています。

足で踏んだ時、床と肌で接する部分が少ない性質があります。

 

熱を伝えにくいのは、空洞に「空気」があるからです。

駄ジャレではありません、いたって真剣です。

 

肌と接する面が大きければそれだけ床の熱を直接伝えます。

 つまり、接する面が少ない方が冷たさを感じにくいということです。

 合板フローリングと無垢の板を触って比較するとよく分かりますが、

同じ温度環境なら、断然無垢の床の方が温かいです。

 

実際、きららホーム会長の家では、

以前はフローリングの床でしたが、

冬あまりに冷たいので無垢の床に張り替えました。

リビングを桐の無垢材、

LDKは赤松の無垢フローリングにしました。

 Img_3712

きららホームでは、無垢の床を体験することができます。

 

合板より無垢の床の方が、冷たく感じないわけ

 

きららホームへのお問い合わせ・ご相談・お見積りのご依頼はこちら

  • 資料請求
  • ご相談・見積り
  • 無料診断
お気軽にお電話ください。
お問い合わせは今すぐ フリーダイヤル 0120-28-5893
fax 24時間対応 058-328-5738
または、お問い合わせフォームよりお問い合わせ下さい。お問い合わせフォームへ
お問い合わせ後に無理な売り込みや訪問販売は一切いたしません。