担い手のいなくなった畑を太陽光発電所へ

担い手のいなくなった畑を太陽光発電所へ

 

きららホーム代表の井上隆元です。

超高齢化社会の到来と共に深刻化する耕作放棄地。

農業を受け継ぐ人を育成するのも国家の大きな課題の一つですが、

現在担い手がいなくなってしまった農地をどうするかが

喫緊の課題になっています。

 

mkDSCF0831.jpg

 本巣市のK様邸では、太陽光パネルを置く場所に

ブロックを積む工事を行っています。

周りの道路より畑の中が低く、

水没したらシャレになりませんので、このような工事が必要です。

 

ブロックが固定されたら、土入れになります。

 担い手のいなくなった畑を太陽光発電所へ

 

きららホームへのお問い合わせ・ご相談・お見積りのご依頼はこちら

  • 資料請求
  • ご相談・見積り
  • 無料診断
お気軽にお電話ください。
お問い合わせは今すぐ フリーダイヤル 0120-28-5893
fax 24時間対応 058-328-5738
または、お問い合わせフォームよりお問い合わせ下さい。お問い合わせフォームへ
お問い合わせ後に無理な売り込みや訪問販売は一切いたしません。