甲子園  当たり前のことを、驚くほどのレベルで徹底してやり続けるチーム

甲子園  当たり前のことを、驚くほどのレベルで徹底してやり続けるチーム

 

きららホーム代表の井上隆元です。

甲子園で高校野球の熱戦が続いていますね。

先日は、岐阜県代表の大垣日大高校が、

8点差を逆転する劇的な勝利を挙げました。

 

本日の第四試合の山形中央(山形)vs小松(愛媛)の試合を見ていました。

試合は9-8で山形中央の逆転勝ちでしたが、

8回を終えた時点で、山形中央は3点差で劣勢でした。

普通なら、小松高校が勝つパターンです。

 

9回表の攻撃。

山形中央の選手たちは、気負う事なく、

自分が今すべきことに集中していたように思います。

それに対して、守る小松の選手たちの表情には、余裕がありませんでした。

土壇場で心が揺れ動いたのは、

勝っている小松高校の選手たちです。

 

連続ヒットで塁が埋まっていく。

「こんなはずでは・・・」

小松の選手たちは、そう思ったはずです。

浮足立っては、悪い流れは止められないという、

勝負の原則を見たように思います。

 

 

9回の攻撃に留まらず、山形中央の選手たちの動きは

テレビを通しても見事の一言でした。

全力疾走、カバーリング、お互いの声掛け、礼儀正しさ、

そして刻々と変わる流れに心を乱されない強さ。

 

 

当たり前のことを、驚くほどのレベルで徹底してやり続ける。

 

尊敬できる指揮官が山形中央高校にはいらっしゃるのでしょう。

これからの大会が楽しみです。

 

甲子園  当たり前のことを、驚くほどのレベルで徹底してやり続けるチーム

 

きららホームへのお問い合わせ・ご相談・お見積りのご依頼はこちら

  • 資料請求
  • ご相談・見積り
  • 無料診断
お気軽にお電話ください。
お問い合わせは今すぐ フリーダイヤル 0120-28-5893
fax 24時間対応 058-328-5738
または、お問い合わせフォームよりお問い合わせ下さい。お問い合わせフォームへ
お問い合わせ後に無理な売り込みや訪問販売は一切いたしません。