きららホーム代表 井上隆元ブログ「家づくりは幸せを生み出すもの」

お金 ローン 補助金

住宅ローン  固定金利を選ぶ人が増えています

住宅ローン  固定金利を選ぶ人が増えています

 

大阪に行ってきました、きららホーム代表の井上隆元です。

全国にいろいろな美味しい食べ物がありますけど

今回はコレ、買ってきました。

????????

515蓬莱の豚まん。

京都駅で途中下車してgoogle先生に道尋ねながら、行列に並んでみると・・・

すっごい、飛ぶように売れるってのは、まさにあのことを言うんですね。

お客さん、ひっきりなしに行列作るんですよ。

しかも買う単位が10個とか、しゅうまい・餃子もセットとかで。

いやー、初めて見ましたけどびっくりしました。

 

 

そうそう、住宅ローンの話ですね。

あなたが家を建てるとします。

さてあなたは、どんなタイプの住宅ローンを選びますか?

単に金利の低さだけなら変動金利に目がいきます。

でも、でもです。何十年と支払う住宅ローンの返済計画の立てやすさから見るなら、

固定金利の方がお勧めになります。

実は固定金利にも、全期間固定型(フラット35など)と固定期間限定型(10年間とか)があって、

とまあ結構複雑なんですが、それぞれ一長一短があるので、難しいんです。

 

みなさん、どんな住宅ローンを選んでいるのか、気になりますよね?

ちょっと調べてみました。

 

2013年3~6月の調査で、住宅ローンを借りた人全体から変動を選ばれた割合は43.5%。

それが2015年3~6月になると、35.8%に減っています。

あなたもご存じの通り、変動金利型はローン金利が常に変わり続けます。

今の安さよりも安全を優先される傾向が強まっているようです。

 

固定金利も3年、5年、10年などがあり、特に増加しているのが全期間固定型です。

一番多かった理由が

「将来金利が上がる可能性があり、返済額は今から決めておきたい」

というもの。

 

年金だけでは生活できないとか、親の収入が子供の学力に関わっているというデータなど、

お金に関するニュースは頻繁に流れてきます。

不確定なものでなく返済計画はきっちりとしておきたいと思うのは、

ごく普通のことと言えます。

 

期間限定型ローンの場合、返済期間中に金利の変動で必ず返済額が変わります。

増える可能性もあるんです。

金利上昇のリスクを十分に考えないまま、不安が残る状態でローンを借りている人は

全体の半数近くにもなるんです。

 

史上最低の低金利が続いているからといって、これからも長く続く保証はどこにもありません。

かつては8%以上の金利になった時代もあったのを思えば、

それぞれ違うリスクと対処の方法を、しっかりと検討してから

自分に合う住宅ローンを選びたいですね。

 

金利の上昇は景気の回復と連動すると言われています。

景気は良くなってほしいけど、金利はそんなに上がらないで、

という人も多いでしょう。悩ましいところですね。

 

 

あ、豚まんの味書き忘れてました。

1個がずっしりと重くて、メチャクチャ美味かったです。

たくさん買ったのに、あっと言う間に食べられて」しまいました・・・

あなたも関西方面に行く用事があれば、ぜひ買って食べてみることをお勧めしますよ。

 

夢ハウスパートナー 株式会社きららホーム
代表 井上隆元
お問い合わせはこちら  →  https://www.kirarahome.com/inquiry/

住宅ローン  固定金利を選ぶ人が増えています

 

ライフプランと住宅ローン

ライフプランと住宅ローン

 

きららホーム代表の井上隆元です。

このお話は前回の、

「今が住宅の買い時ですよ」は本当なの?

( https://www.kirarahome.com/information/news/10878/

の続きになっています。

 

FP(ファイナンシャルプランナー)はお金の専門家。

おカネの専門家なんて言うと、なんかよろしくなさそうなイメージを持たれた方、

決してそんなコトはございません!!

むしろ、あなたのお金を含めた資産を、この先活かしてくれる水先案内人のような人たちです。

もちろんFPなら誰でもいいというわけではないのですが。

画像 電卓と確定申告

さて、そんなFPたちが、家づくりをされる方たちに口を揃えていう注意点があります。

いくつか紹介します。

 

「家賃並みで買えるといった今現在だけをベースにした判断ではなく、

子供の教育資金や老後の生活資金を圧迫しない住宅資金の上限を

ライフプランシミュレーションなどで把握した上で、

住宅を取得するかどうか判断することが大事です」

 

「どの住宅ローンを選ぶかは、それぞれの家計の状況によって変わる。

年収の◯◯%だとか何倍までとか、そんなものは当てにならない。

大事なのは、資産収支の表を作り、そこからライフプランをはじき出すことです」

 

「住宅の取得時期とライフプランのバランスを考えてください」

 

「住宅を取得する時は、資金計画やローン金利にばかり目が行きがち。

人生の後半で、取得した家をどのように活かしていくのか、

というアドバイスも受けた方がいいですね」

 

「マイナス金利という言葉をご存知の方も多いでしょうが、

固定金利と変動金利の差が昔ほどではなくなっています。

わざわざリスクを負ってまで変動金利を選択するメリットも減っています」

 

「中古住宅市場に、行政による活性化策もあって一般消費者の目が広がりつつあります。

これから中古住宅がさらに注目されるようになります」

f35CIMG6525

いかがですか?

あなたも、もしライフプランを作ったことがないなら

ぜひFPと一緒に作ってみることをお勧めします。

 

夢ハウスパートナー 株式会社きららホーム
代表 井上隆元
お問い合わせはこちら  →  https://www.kirarahome.com/inquiry/
お客様専用ダイヤル 0120-28-5893

ライフプランと住宅ローン

 

住宅ローンの返済条件に注意してください

住宅ローンの返済条件に注意してください

 

きららホーム代表の井上隆元です。

住宅ローンを決める時、金利だけに目が行きがちになります。

分かりやすいですし、金融機関も大きく打ち出していますからね。

ところがです。

金利と同じくらい大切に考えたいことがあるのです。

例を挙げると

・金利が低いからと言って、安易に変動型・短期固定型を選ばない

・ボーナス返済はなるべく使わない

・今の家賃と返済額を同じに考えない

というものです。

 

新聞の折り込みチラシや業者のホームページには、ある特徴があるのですが、

・買いたいと思わせる情報は大きく

・購買意欲を減退させるのは小さく

書かれる傾向があります。

 

手元にあるチラシを見てみますと、

「月々のお支払い、〇万円」

と大きく書かれてアピールしてあるところと、

「頭金:〇万円、返済期間35年、

変動金利0,〇%、ボーナス返済摘要」

などの詳しい条件は、小さく記されています。

 

頭金が今の貯金額より多かったら、そもそも無理です。

返済期間35年は、定年までの期間を全く想定していません。

金利が2年後に上がったら、返済金額も上がります。

会社の業績悪化でボーナス金額が減ると、ボーナス返済はどうなるのか・・・。

 

考えると恐ろしいですね。

 

無理のない返済をしていくには、自分に合った住宅ローンを選択する必要があります。

合わない場合は借り換えもできますが、

金融機関を変える場合は手数料(数万円~数十万円)が発生します。

 

後悔しない家づくりのためにも、

早い段階で金融機関各社の住宅ローンについて調べておくといいですね。

そして、お金のことは資金計画のプロに相談しながら進めるのも

安心して家づくりに臨める確実な方法のひとつです。

 

※資金計画のプロも、相談すべき人とそうでない人がいます。

 ちゃんと選んでくださいね

選び方もあります。

 

夢ハウスパートナー 株式会社きららホーム
代表 井上隆元
分からないこと、お問い合わせ先は → https://www.kirarahome.com/inquiry/ 

住宅ローンの返済条件に注意してください

 

住宅ローンの『目安』 リスクを考えて

住宅ローンの「目安」 リスクを考えて

 

きららホーム代表の井上隆元です。

住宅ローンをどれくらい借りればいいのか分からず、住宅雑誌やネットで調べたことはないですか?

そういう時によく出てくるんですが、

「借入金額は年収の5倍以内」

「返済負担率(年間の住宅ローン返済額を年収で割ったもの)は概ね25% 」

なら大丈夫という『目安』。

画像 電卓と確定申告

これを根拠に

「うちは年収〇百万円だから、これぐらい・・・」なんて計算は待ってください。

『目安』があなたに当てはまらないかもしれないからです。

 

どうしてかと言うと、住宅ローンを借りる 人の条件が違うから。

例えば年齢。ローンを35年間払い続けられる人はいいのですが、

定年まであと20年の人は、返済の期間を20年にやっぱりとどめたいですよね。

そして家族構成や健康の状態も違いますし、お子様の進路によって教育費も変わります。

 

このように収入が同じであっても、必要な支出が全く異なるので、

先の2つの『目安』がとても曖昧なものだと分かります。

それに将来、返済が難しくなる事態の有り得るので本当に注意が必要です。

 

では、年収を基にした借入可能金額 でないのなら、

何を基準に予算を導き出したら良いのでしょうか。

 

『返済可能金額』、が答えです。

毎月これなら無理なく返済できるという金額を算出し、

ローン金利や返済期間を考慮しながら予算を導き出すのです。

ここで忘れてはいけないこともお伝えします。

お引き渡しを受けた後にくる固定資産税や、メンテナンスの積み立て額も考えてください。

ここまで考えて、「正しい予算を決めた」ことになります。

予算次第で暮らしが大きく変わってしまうほど大事なことなので、

これからも何度も書いていきます。

IMG00082

私は、あなたに絶対家づくりに成功してほしいと思っていますので、

必要と思われる情報をこれからも発信していきます。

ただ、本当にあなたが必要な情報をすぐにはお伝えできないこともあります。

 

そんな時は、メールでもお電話でもご連絡くださいね。

それではまた。

 

夢ハウスパートナー 株式会社きららホーム
代表 井上隆元
お問い合わせはこちら  →  https://www.kirarahome.com/inquiry/
お問い合わせはお電話  → 0120-28-5893

住宅ローンの「目安」 リスクを考えて

 

下請け業者に直接頼んだら安くできる? 岐阜

下請け業者に直接頼んだら安くできる? 岐阜

 

きららホーム代表の井上隆元です。

 

時々言われるんです。

「ハウスメーカーが大変な金額の宣伝広告費を払い、

下請けの工務店に仕事を出している。

あなたたち工務店も下請けに出している。

だったら初めから、私が一番下の下請けさんに工事を依頼したら、

安くできるじゃない。」

mioyt1P1090313sh

 

これはハウスメーカーは別として、

工務店で莫大な宣伝広告費をかけているところは

ほんの一握りですネ。

 

 

確かに下請けさんは工務店から仕事をもらえるのですから、

お施主様に直接営業はしなくてもすみます。

そして工事の流れも工務店が手配してくれますし、

施工に必要な図面も仕様も、工務店の指示通りにすれば いいのです。

だから安く出来る。

 

でもこれがもし、あなたが直接下請けに頼むとなったら・・・

 

工事日程を伝え、キッチンなどの図面を揃え

仕様も位置も決めておいて指示しなくてはなりません。

工事予定の場所で事前の打ち合わせも必要ですし、

大工・電気・水道・サッシ・壁と工事は複雑に絡むことが多いので、

ずっとついている必要があります。

(プロはついてなくても段取りできます)

 

そして工事が始まって、

事前に予想しない事が起こった場合、

職人からはどう工事するのかと判断を求められます。

 

支給品がある場合は、プロ仕様とそうでないものに違いがあるのを

知っておかなくてはなりません。

一番トラブルが多いのが、ホームセンターなどで売っている品物ですね。

ネットで注文する場合も、実物が来るまで分からないですし。

 

万一、発注違いなどあって工事できない事態が起これば、

その間仕事ができない分を保障しなくてはならない場合もあります。

 

これだけのリスクと手間をかけてやる工事になります。

mmaykDSCF1551

決して下請け業者に直接頼むのが得策ではないと、

私なんかは思うのですが、どうでしょう。

それでもご自分で取り組まれる猛者もいらっしゃるようですが・・・

 

あなたの家づくりが素敵なものになりますように

 

株式会社きららホーム
代表 井上隆元

下請け業者に直接頼んだら安くできる? 岐阜

 

その家はいくらなの? お問い合わせが多いのですが…

その家はいくらなの? お問い合わせが多いのですが…

 

きららホーム代表の井上隆元です。

当社には健康面で優れた自然素材の家でも

割と値打ち価格帯にある規格住宅、

tumiki(つみき)があります。

耐震、省エネ性能は充分、

極力間取りを減らして

将来の家族構成の変化に柔軟に応え、

ZEHや低炭素にも対応可能なのが特徴です。

 

この tumiki についてのお問い合わせがよくあります。

tumiki4036
tumiki モデルハウス

 

「土地を探していて1000万円くらいで見つかりそうなので、

timiki だといくらですか?」

このように電話で質問されることが多いのです。

 

tumiki は柱もフローリングもドアも無垢材を使っています。

その家をローコストメーカーの価格表示の手法に合わせて言えば、

坪単価40万円を切る価格帯になる計算です。

 

ただし、その手法で金額表示された家は、

住めるようになっていないのです。

 

tumiki6682sh

電気も水も来ない、下水にもつながっていない、

エアコンもカーテンもない、

消費税はもちろん別、建築確認申請も別途、

場合によっては照明器具も、玄関のタイルも、

網戸までもがついていない・・・

それらはみんなオプションなんです。

少しでも安く表記するための方便なんですね、坪〇〇.◯万円ってのは。

 

このような建築業界の実態を目にするたびに、

私は悲しい気持ちになります。

なぜ、住める家の金額で最初から提示しないのか、と。

 

安い坪単価を見て、

安いからOK!という人と、

なぜこんなに安いのか疑問だ!と思う人に分かれます。

それは収入だとか資産だとか価値観の違いなので人それぞれなんですが、

とにかく安いのには、それなりの理由があるのを知っていただきたい

と思っています。

 

何より私たちがお聞きしたいのは、

あなたは新築の家で、どんな暮らしをしたいのですか?

何を手に入れて、どんなことを実現したいのですか?

それが叶ったら、どんな気持ちになりますか?

こういうコトなんです。

 

家を建てて、それで終わりと言うわけではないでしょう。

それが要望であり、お施主さんのこだわりなワケです。

いくらで建てれるか、坪単価はいくらかだけで計れるほど、

家づくりは単純ではありません。

あなたと家族の一生の問題ですから。

 

 

あなたの幸せな家づくりの参考になれば幸いです。

株式会社きららホーム
岐阜県瑞穂市十七条737-1
お客様専用ダイヤル
0120-28-5893

 

その家はいくらなの? お問い合わせが多いのですが…

 

ご相談・お見積り

 

「坪いくら?」 坪単価での計算は注意してください

「坪いくら?」 坪単価での計算は注意してください

 

きららホーム代表の井上隆元です。

スッゴイ生き物に出会いました。

最初見た時、「なんじゃ、あれ?」って思わず叫んでしまったんです。

 

その生き物はこやつ ↓ です。

DSCF8406-2sh

「なんじゃ、これ?」 でしょ?

いや~、まだまだ世の中には知らないことがいっぱいですわ~

 

 

さて、あなたが家を建てたいと思って、いろいろな見学会や展示場を回り、

そこで営業マンに、どんな質問をされてますか?

 

ちなみに10数年前の私は

「坪いくらですか?」 と聞いていました。

もちろん建築業界にいましたので、坪2〇,8万円 という単価表示が当てにならないことは知っていました。

でも、こうした質問は当然のこととして、これっぽっちも疑いませんでしたね、

自分の家が完成するまでは。

 

私の家は、当時下請けをしていた、大手ローコスト住宅メーカーに建ててもらいました。

当時も坪2〇,8万円 でしたね。

間取りは「下請けなんだからモデルハウスに」ということで、

一番メーカーが売りに出したいプラン・仕様。

 

で、実際に打ち合わせになったら、あれは入っていない、これもオプションのオンパレード。

とても、そのままじゃ住めないじゃん!!!

最低限住めるだけの内容にしてもらって出た坪単価が

 

坪47万円を軽く超え  Σ(゚д゚;)

えっ!まじ? ホンマにローコスト住宅なの?

 

そして、家の面積の出し方にも私が知らない秘密があったんです。

それは施工面積。 延床面積じゃないですよ。

施工面積というのは

玄関外のポーチや吹き抜け、給湯機置き場、勝手口外の踏み台、

屋根が外壁から飛び出て陰になっているところまで算入されたもの

のことです。

(住宅会社によって計算方法が異なります。詳しくは業者さんにお尋ねください)

 

こういうこと、今だから分かるんですよね、

坪いくら? で計算してた自分の間違いに。

 

家は住むためにあります、当たり前ですよね。

じゃあ、あなたが

「この家は坪いくらですか?」と聞いた時、

営業マンが答えてくれた金額で、住める状態になるのかってことです。

 

住める状態ってのは、電気も水道も通ってて、カーテンも付いてて、

もちろん網戸は付いてて、気が利く会社はエアコンまで用意されている、

家電や布団、着替えを運び込めば、今晩からでも住めますよ、

ってのを言うんです。

 

でもこれって、家づくりにかかる総金額から判断しないと、

結局何が入ってて、何が別途なのか、分からないんですね。

 

結局何が言いたいのかっていうと、

「坪いくら?」なんて質問しても

その家のこと、その会社のこと、

何にも分からないんですよ ってことです。

お恥ずかしながら、自分の体験から断言できます。

聞くべきことは、もっともっと他にあるんです。

 

あなたが家づくりを通して幸せになりますように…

 

夢ハウスパートナー ㈱きららホーム
お客様専用ダイヤル 0120-28-5893

「坪いくら?」坪単価での計算は注意してください

 

建て替え? リフォーム?  2世帯の場合、相続も視野に

建て替え? リフォーム?  2世帯の場合、相続も視野に

 

きららホーム代表の井上隆元です。

当社で以前にリフォーム工事をさせていただいたOB様が

きららホームのモデルルームにお見えになりました。

今住んでいる家をどうしようかということで、

詳しくは書けませんので何ですが、

家を含めた資産、家族、将来のことなど

その内容は多岐に渡っています。

iytosCIMG4492

こういう時にこそ専門家!

クラシド2016で講演された、

アウル住宅ローンセンターの高橋さんに お越しいただき、

様々な面から相談です。

 

現在、国の政策として

1戸でも多く住宅を建ててもらいたいために、

新築するにおいていくつかの優遇策が用意されています。

で、有利だから、

今が良いからと

カンタンに飛びついてしまうと、

後で 「しまった!」

なんて事が起こりかねないのです・・・

iytosCIMG4493

みなさん(多くの人、ですよ)が言われる、

「相続なんて考えるのは、まだ早い!」

「考えたくもない!!」

という考えも、

その気持ち、分かりますが

もしかすると将来、

せっかく貯めた資産を流す結果になりかねない ということを、

ひとつひとつ確かめていって、

一番有利な方法を選択していきましょう、

という話しなのです。

 

縁起の良し悪しはともかく、

事実として相続は誰にでも発生する可能性のあるもの。

今日モデルルームに来られたお客様も、

「全く違う観点を教えてもらった」と

真剣に相談されておられ、

これから一緒に考えていきましょうということになりました。

 

夢ハウスパートナー 株式会社きららホーム
岐阜県瑞穂市十七条737-1
フリーダイヤル0120-28-5893

建て替え? リフォーム?  2世帯の場合、相続も視野に

 

消費増税後の住まい給付金   岐阜の木造住宅

消費増税後の住まい給付金   岐阜の木造住宅

 

きららホーム代表の井上隆元です。

新聞記事に、消費税の増税後に住宅を建てる方向けの、

国の優遇措置について掲載されていました。

 

「増税前に」 は今、多くの住宅会社が使っているセールストークですが、

本当のところは消費税が上がっても、損はしないようになっているのです

 

 記事はこちらをクリック ↓

http://www.tokyo-np.co.jp/article/living/money/list/2013/CK2013082902000173.html

 

 

ですので、あわてなくても大丈夫ですよ。

それよりも、じっくりと腰を据えて

ご自分たちが大切にしたい価値を、

大事にしてくれる住宅会社に出会えるといいですね。

 

 

よく「きららホームさんは、リフォームが得意なんですよね?」

とおっしゃられるお客様がいらっしゃいますが、

当社も、もちろん新築を請けていますよ~。

 

ま、リフォーム・塗り替え工事の比率が多いですから、

そう思われるのも仕方ないのかも知れませんね。

(実は、新築より古民家などのリフォームの方が、

 格段に難易度が高い場合が大多数なのです)

 

その辺りの話は、お会いした時にお話ししましょう。

 

明日も元気に、顔晴ります! 

ご注意! その『住宅ローン』

ご注意! その『住宅ローン』

 

 少々過激なタイトルでしたね。すみません。

 

家づくりを始めると、よく耳にするはずです。

「住宅ローンは、過去に例のない低金利。

だから今が住宅 (マンション、建売、土地も) の買い時です!」

 

これは正にその通りで、

当社でも言ってます、声をにして  (o゚◇゚)ゝ

 

でもここからが問題。

 

住宅ローンには、変動金利と固定金利のものがあります。

どう違うの?

どちらを選ぶべきなの?

今、話を進めている所ではこのローンだけを勧めてくるけど、どうなの・・・

 

あなたに合った住宅ローンは、実は違うものかもしれません。

 

 

何年かして

「しまった、こんなハズじゃ・・・」

住宅ローンで後悔している人は、80%を超える

というデータがあります。

 

金利の動きは未来のことなので誰にも分かりませんが、

これを読んでるあなたは、

業者の言いなりになって、将来起こりうるリスクを

十分な検討もせずにローンを組むのではなく、

公正な立場の専門家にアドバイスを受けて住宅ローンを選択して下さい。

 

 あなたに必要な情報は、私たちの手元にあるかもしれません。

 

相談は随時、受け付けています。 

メールなら kirara-h@amail.plala.or.jp まで 

お電話の場合、お客様専用ダイヤル 0120-28-5893

 

ご注意! その『住宅ローン』

 

きららホームへのお問い合わせ・ご相談・お見積りのご依頼はこちら

  • 資料請求
  • ご相談・見積り
  • 無料診断
お気軽にお電話ください。
お問い合わせは今すぐ フリーダイヤル 0120-28-5893
fax 24時間対応 058-328-5738
または、お問い合わせフォームよりお問い合わせ下さい。お問い合わせフォームへ
お問い合わせ後に無理な売り込みや訪問販売は一切いたしません。