大工さんはとても細かいところまで丁寧にやって下さって、さすがプロの腕前と感心しました。岐阜県瑞穂市本田

(1階の玄関ホールと廊下の床に、フローリングを重ねて張るリフォームです)


リフォーム概要
[住所]岐阜県瑞穂市本田
[工期]2日間
[リフォーム内容]
玄関ホール・廊下のフローリング重ね張り(古い床板の一部取り替え)
お客様との出会い
弊社事務所へ相談に来られたのがきっかけで、ご縁を戴きました。

床が抜けてしまわないかと心配で…

家を建てて30年、あちらこちらに直したいところがありますいけど、今は廊下の床が抜けてしまわないかと心配で...。とにかく見てもらえますか?

『きららホーム』からのご提案

(現場調査を終えて)合板で出来たフローリングの寿命は大体25年です。特によく歩くところが早くブカブカしてきます。床のリフォームは2通りの方法がありまして、一つは床そのものを解体して新たに作り直す方法、もう一つは今の床板の上に新しいフローリングを重ねて張る方法があります。M様邸では、どちらも壁を壊さず工事をすることが出来ますが、それぞれにメリット・デメリットがあります。

リフォーム施工前
  • 玄関ホールと、その奥の廊下のフローリングが、よく歩くところを中心にブカブカしていました。色落ちもあちらこちらにある状態です。

リフォーム施工中
  • 特に弱っている部分のフローリングを剥がします。合板なので、一枚一枚めくれるように剥がれます。

  • 剥がし終えたところです。床板を支えていた木(垂木と言います)が見えています。

  • こちらはトイレを出たところです。ブカブカのフローリングを剥がし、その跡に新しい合板を打ちつけました。そして、古い床の上から全体にビスを打ち込んであります。

  • 新しいフローリングを張っていきます。玄関框もリフォーム専用の部材を張ってあります。

リフォーム施工後
  • きれいなフローリングの仕上がりに、玄関が明るくなりました。フローリングは傷、凹みにとても強いものを採用しています。

  • 廊下も美しく見違えるようになっています。ちなみに壁の方には一切手をつけず、壁と床板との間には隙間がほとんどありません。お客様に施工時間に余裕を見て頂けたので、ぴっちりとした工事が出来ました。

リフォームされたお客様の声

家の中が明るくなりました。大工さんはとても細かいところまで丁寧にやって下さって、さすがプロの腕前と感心しました。早いだけでは駄目なんですね。私たちも仕事柄、どうクライアントさんに喜んでもらえるのか常に考えていますので、とても参考になりました。 ありがとうございました。

リフォーム担当者の声

床がブカブカになってきた(フワフワするようになった)という悩みをお持ちの方は多いようです。原因は合板の寿命によるものですが、今は合板フローリングをお使いのお家がほとんどで、こうした悩みはまだまだ続くのでしょうか。 M様邸の床は、すごくきれいになり、安心して歩くことができるようになりました。とても喜んで頂けて、職人ともども嬉しい限りです。M様、ありがとうございます。

その他の施工事例はこちら

きららホームへのお問い合わせ・ご相談・お見積りのご依頼はこちら

  • 資料請求
  • ご相談・見積り
  • 無料診断
お気軽にお電話ください。
お問い合わせは今すぐ フリーダイヤル 0120-28-5893
fax 24時間対応 058-328-5738
または、お問い合わせフォームよりお問い合わせ下さい。お問い合わせフォームへ
お問い合わせ後に無理な売り込みや訪問販売は一切いたしません。