築50年以上の住宅を再生する

「古い間取りなので、使っていない部屋が多くて使いづらい」
「夏は暑いし、冬はすごく寒い!」
「地震が心配で・・・」
・・・「やっぱり、建て替えしかないの?」

そんなことはありません。
築年数の長い、古い家でも再生は可能です

短い期日で新しい家が建てられるこの頃ですが、
岐阜県の西濃地方には匠の技で作られた住宅がたくさん建ち並んでいます。

50_reform_photo01そのような、
築年数の長い家に住んでおられる方で、
「家が古くなってしまい、不具合のある箇所が
あちらこちらにあるけれど、どうしよう・・・」と
お悩みの方も多いのではないでしょうか。

でも、建て替えるとなると、
「建て替えると、
どうしても家が小さくなってしまうのでは・・・」

「税金が上がってしまわないかしら?」
「この家が無くなるのは悲しい」
このようないろいろな問題が心配・・・

ご心配なく!
建て替えしなくても、住宅の寿命を延ばすことができます!

木造住宅の寿命は短いと、お思いではありませんか?
実際には、そのようなことはないのです。

50_reform_photo02固定資産税という税制上の理由から、
築30年も経過した木造住宅は
不動産的な価値を認められずに
「古屋」扱いをされてしまいますが、
多くの家の場合、まだまだ健康そのものです。

例えば50年間にわたって
風雪に耐えてきた木造の家は、骨組みが頑丈で、
粘り強い構造であることが多々あります。

木造特有の性質や弱点を知り、
きちんとしたリフォームをすれば、
「まだ、たったの50年しか経っていない」と言うことができるような、
とても長持ちする家にすることが充分に可能なのです。

「でも、ここまで古い家のリフォームは、町の工務店で大丈夫なの?」
「新築がメインの会社のほうが技術力が上なんじゃないかしら?」
「大手の方が安心できそう」

ご安心ください。私共きららホームは、
まずは、お客様のお悩み・不安解消のお手伝いからはじめます。

50_reform_photo031.古い木造住宅のリフォーム実績と高い技術

新築がメインだからと言って、
リフォームが得意とは限りません。
むしろ、古民家などの
古い木造住宅のリフォームのほうが、
高い技術が必要なのです。
私共には、そのような古い木造住宅を
リフォームしてきた実績があります。

2.夏涼しく、冬に暖かい家

古い家であっても実現する方法があります。
窓などのサッシを見直し、
断熱材で包みこんで快適な住まいへと変えていきます。

3.適切な耐震補強

地震が心配という声を数多くいただきます。
建築士による診断と施工管理により、
地震に強い家を目指して耐震工事を行います。

4.プランニング

プランニングは、良いリフォームのための第一歩です。
女性アドバイザーを交え、何度も打ち合わせを重ねます。

まずは、お気軽にご相談ください。

  • キッチンリフォーム
  • お風呂リフォーム
  • トイレリフォーム
  • 一戸建てをまるごとリフォーム
  • 補助金を使ったリフォーム
  • 築50年以上の住宅を再生する
  • 耐震補強で命を守る
  • リフォームの流れ
  • リフォーム施工事例
  • リフォーム無料診断・相談

きららホームへのお問い合わせ・ご相談・お見積りのご依頼はこちら

  • 資料請求
  • ご相談・見積り
  • 無料診断
お気軽にお電話ください。
お問い合わせは今すぐ フリーダイヤル 0120-28-5893
fax 24時間対応 058-328-5738
または、お問い合わせフォームよりお問い合わせ下さい。お問い合わせフォームへ
お問い合わせ後に無理な売り込みや訪問販売は一切いたしません。