ベランダの防水はしなくてはダメなの? 岐阜リフォーム

ベランダの防水はしなくてはダメなの? 岐阜リフォーム

 

一緒に楽しむ家づくり

夢ハウスパートナー  木の家新築・リフォーム・古民家再生・外壁塗装なら

株式会社 きららホーム 井上理崇です。

 

「 よく、ベランダの防水はしなくてはいけないの?」

という質問をされます。

そのお答えとしては、

「いつかは、絶対にしなくてはならない」です。

防水工事がしてある部分というのは、防水工事をしなくてはならない場所なのです!

なので、その防水としての機能が無くなってしまったら、必ず水は浸入してしまいます。

 

なので、「ベランダ防水の防水はしなくてダメなの?」のご質問には

「防水はしなくてはダメです!」となります。

 

また、防水機能が無くなり、雨漏りしてしまったら、

家の中への被害は甚大です。

 

雨漏りにより、家中水浸しになったり、電化製品が壊れたり、大切な思い出等の物が

傷んでしまっても誰も喜びません。

 

とくに、お部屋の上にベランダがあるお家の場合は、

絶対にこまめに防水には気をかけて頂きたいものです。

 

今回は、ベランダ防水の大切さをご理解頂いた、お客様のお宅です。

 

ベランダ防水1

ケレンという作業を行っています。

ケレン・・・金属や木製の外壁の場合ケレンは、サンドペーパー(紙ヤスリ)や、手工具などで行います。

ベランダの浮きかけの防水膜や防水塗料のケレンは、手工具や電動工具で行います。

 

下地から浮いてしまった防水膜には隙間があります。

別の場所から染み込んだ雨水が、その隙間を浸入してくると水の侵入経路を確定するのは困難です。

なので、ケレン作業も大切なのです。

ベランダ防水2

アセトンでの拭き取り・・・以前の防水塗料をしっかり除去することで、

下地に下塗りを染み込みやすくします。

ベランダ防水3

下塗り(プライマー)塗布・・・下地材と防水塗料を密着させることを目標とした材料です。

床面だけではなく、立ち上がり部分まで丁寧に塗っていきます。

ベランダ防水4

中塗り・・・防水事態をやり直すウレタン塗膜防水と、

防水保護塗料と呼ばれる表面のお化粧直しのトップコートが大きくあります。

今回は、防水保護塗料のトップコート

細かい部分は、ハケで丁寧に塗っていきます。

 

ベランダ防水5

中塗りの広い部分は、ローラーで塗っていきます。

 

ベランダ防水6

上塗り・・・上塗りも細かい部分はハケで塗ります。

 

ベランダ防水7 ベランダ防水8

上塗りの広い部分は、ローラーで仕上げていきます。

 

 

一緒に楽しむ家づくり

夢ハウスパートナー  木の家新築・リフォーム・古民家再生・外壁塗装なら

株式会社 きららホーム

 

ベランダの防水はしなくてはダメなの? 岐阜リフォーム

 

きららホームへのお問い合わせ・ご相談・お見積りのご依頼はこちら

  • 資料請求
  • ご相談・見積り
  • 無料診断
お気軽にお電話ください。
お問い合わせは今すぐ フリーダイヤル 0120-28-5893
fax 24時間対応 058-328-5738
または、お問い合わせフォームよりお問い合わせ下さい。お問い合わせフォームへ
お問い合わせ後に無理な売り込みや訪問販売は一切いたしません。