岐阜 雨戸と戸箱の塗装 必要あるのか?

岐阜 雨戸と戸箱の塗装 必要あるのか?

 

岐阜 雨戸と戸箱の塗装 必要あるのか?

岐阜 外壁塗装の株式会社きららホーム 井上理崇(いのうえまさたか)です。

瑞穂市古橋の外壁塗装の現場は作業も終盤に入りました。

%e5%b1%b1%e7%94%b0%e9%9b%a8%e6%88%b81

今日は、雨戸の入れ物、戸箱の塗装です。

最近では雨戸ではなく、シャッターが増えましたが、塗り替えが必要な家はまだまだ、

雨戸に戸箱の場合がほとんどです。

%e5%b1%b1%e7%94%b0%e9%9b%a8%e6%88%b82

金属塗装の基本は、ケレンがけです。

このように、紙ヤスリ(サンドペーパー)でケレンがけをしていきます。

今回は、築30年を超えるお宅の外壁塗装でした。

想像以上に、鳥羽崑も銀色のサビが出ていました。

表面に花咲いたサビを削って取り除いていきますが、

全体的にできているさびのゆがみまでは完璧にできません。

%e5%b1%b1%e7%94%b0%e9%9b%a8%e6%88%b83

ケレンが終わると、マスカーと呼ばれるビニールに養生テープがついた養生道具にて

養生をして、から下塗り(さび止め)を吹き付けていきます。

%e5%b1%b1%e7%94%b0%e9%9b%a8%e6%88%b84

%e5%b1%b1%e7%94%b0%e9%9b%a8%e6%88%b85

下塗りがしっかりと乾いたら、続いて中塗り(吹付塗装)をしていきます。

%e5%b1%b1%e7%94%b0%e9%9b%a8%e6%88%b86

中塗りも乾くと、今日の最後の作業である、上塗り(吹付)を行います。

ここで、1工程抜くために、1階の吹付塗装で2回分の大量の塗料を吹き付けたとしたら

まず垂れてしまいます。

ましてや、中塗りをせずに上塗り1回だとしたらどうなるのでしょう?

 

せっかく、戸箱まで塗装と決めたのであれば、10年前後は持たせたいもの。

だからこそ、しっっかり工事してくれる会社を探さなければなりません。

岐阜 雨戸と戸箱の塗装 必要あるのか?

株式会社きららホーム

岐阜県瑞穂市十七条737-1

フリーダイヤル0120-328-5893

きららホームへのお問い合わせ・ご相談・お見積りのご依頼はこちら

  • 資料請求
  • ご相談・見積り
  • 無料診断
お気軽にお電話ください。
お問い合わせは今すぐ フリーダイヤル 0120-28-5893
fax 24時間対応 058-328-5738
または、お問い合わせフォームよりお問い合わせ下さい。お問い合わせフォームへ
お問い合わせ後に無理な売り込みや訪問販売は一切いたしません。