外壁張り替え  岐阜県瑞穂市で始まりました。

外壁張り替え  岐阜県瑞穂市で始まりました。

 

こんにちは。

外壁のトタンをめくり、新たにガルバリウム鋼板に張り替える工事が、

岐阜県瑞穂市のM様邸で始まりました。

 

最初に足場を組み、現在張ってあるトタンのめくりからです。

昔はリブトタンと言って(今でもありますが)、

平らな鋼板を7cmくらいずつ山折りしたものが張ってあります。

mumgtDSCF4539.jpg

釘を一本一本抜いていくため、根気のいる作業です。

しっかり作ってあるほど、解体は手間がかかります。

 

mumgtDSCF4563-1.jpg

トタンを外したら、その下にある「胴縁」という桟木も取り外します。

胴縁は長年の使用で歪んでいるからです。

 

外壁トタンの下からは、土壁が出てきました。

今ではめっきり減ってしまいましたが、土壁工法は耐震性・調湿性もある

昔から伝わる日本の優れた工法です。

最大の利点は何より、柱が外気に触れるため、

柱の両側を壁で息ができないほど覆った建物よりも、木材が長持ちするのです。

 

せっかく外壁を外すのですから、柱・土台などチェックするのにいいチャンスです。

この点は、外壁のカバー工法より張り替えの方が家のために良いと思います。

いい大工さんが建てたのでしょう、かっちりと造られています。

 

チェックが終わったら、雨水を防いで湿気を通す、透湿防水シートを前面に張ります。

現代の工法も取り入れながら、外壁の張り替えを進めていきます。

 

 

 

きららホームへのお問い合わせ・ご相談・お見積りのご依頼はこちら

  • 資料請求
  • ご相談・見積り
  • 無料診断
お気軽にお電話ください。
お問い合わせは今すぐ フリーダイヤル 0120-28-5893
fax 24時間対応 058-328-5738
または、お問い合わせフォームよりお問い合わせ下さい。お問い合わせフォームへ
お問い合わせ後に無理な売り込みや訪問販売は一切いたしません。