古民家再生 住み心地向上のために  岐阜

古民家再生 住み心地向上のために  岐阜

 

岐阜県本巣市で、昭和20年代に建てられた古民家を再生しています。

きららホーム現場担当の井上理崇です。

古民家に住む方に共通の悩みのひとつが、寒いということです。

昔ながらの大きな家、全部に断熱材を入れるのはもちろん可能です。

そして費用をそこまでかけられない場合、いつも居る部屋を設定し、

そこを集中的に断熱を行うことも選択肢のひとつです。

DSCF1009

K様邸は部分リフォーム。といっても面積は大きいのですが。

床組からやりなおしているので、床下にも断熱材を入れれます。

今回使用するのは、フクフォームの中でも、性能が良いモノを使用しています。

床だけでなく、壁・天井・窓も、次世代の断熱性を持たせる予定です。

 

DSCF1011

また、水道管も 鉄管だったのを架橋ポリ管に移行していきます。

架橋ポリ管とは、地元岐阜の未来工業の製品で

鉄管・銅管ではないので錆びる心配がなく、

最近ではリフォーム・新築での使用率が非常に上昇している水道配管の一つです。

一番の利点は、器具から継ぎ手なしで目的の個所まで

配管することが出来るので、水漏れの心配が大幅に低減されたことです。

こうした、文明の利器に力を借りながら再生していきます。

 

古民家再生 住み心地向上のために  岐阜

 

きららホームへのお問い合わせ・ご相談・お見積りのご依頼はこちら

  • 資料請求
  • ご相談・見積り
  • 無料診断
お気軽にお電話ください。
お問い合わせは今すぐ フリーダイヤル 0120-28-5893
fax 24時間対応 058-328-5738
または、お問い合わせフォームよりお問い合わせ下さい。お問い合わせフォームへ
お問い合わせ後に無理な売り込みや訪問販売は一切いたしません。