土間コン打ちの厚さ

土間コン打ちの厚さ

 

岐阜 リフォーム きららホームです。

今日は、瑞穂市美江寺にてお風呂リフォーム2日目。

解体工事を辛くも1日で終え、

2日目に給水、給湯、追い炊き、排水の水道配管を終えてから、

土間コン打ちを行いました。

DSCF8678

0.75坪のユニットバス サイズ1216 というものです。

ユニットバスは建物とは独立した箱状の空間ですので、

独自に重みを支える地面が必要です。

それがユニットバスの下の土間コンクリート。

この作業を、土間コン打ち と呼んでいます

 

DSCF8679

量が多ければミキサー車で運んでもらうのですが、

今回そんなことをしたら、金額的なお客様の負担が大きくなってしまいます。

なので、生コン工場で水を極力少なくして配合した、

カラ練りコンクリートをダンプに積んでもらい、

さらに現場の浴室まで手作業で運んで、

そこで水を混ぜて正規のコンクリートに練ります。

結構重労働です。

みんな玉の汗を流しながらの作業です。

それで肝心のコンクリートの厚みは、10cmを目処にしています。

これだけの厚みで打っておくと、お湯を張ったユニットバスの重量でも安心できます。

 

見えなくなってしまう土間コンですが、決しておろそかにしてはいけないのです。

 

きららホームへのお問い合わせ・ご相談・お見積りのご依頼はこちら

  • 資料請求
  • ご相談・見積り
  • 無料診断
お気軽にお電話ください。
お問い合わせは今すぐ フリーダイヤル 0120-28-5893
fax 24時間対応 058-328-5738
または、お問い合わせフォームよりお問い合わせ下さい。お問い合わせフォームへ
お問い合わせ後に無理な売り込みや訪問販売は一切いたしません。