岐阜 リフォームのお祓い

リフォームをする場合に、お祓い(おはらい)は必要なのでしょうか?

DSCF0779

という、ご質問をよくされます。

最終的にはお客様が選ばれることなのですが、

しないよりは、したほうが良いのではとお答えしています。

お祓いとはいいますが、安全祈願という意味合いでされることをおすすめします。

DSCF0741

昔から、家をさわったから家人に、何かがあった

職人がケガをした

病人が出た

などなど、色々な話はございます。

(お祓いしないと起こるということではありません)

 

弊社 きららホームは岐阜県にありますが、

水回りをリフォームされる場合の50%以上の方は

神官様によるお祓いを選択されます。

 

ただ、強制ではないのでお客様のご意向に合わせております。

 

もし、神官さんによるお祓いをされなかった場合でも、

弊社の方で、お神酒とお塩で、工事個所は必ずお祓いさせて頂いております。

また、土をさわる場合は猿田彦神社さんで清めて頂いた

御砂を必ず、一緒に埋めさせて頂いております。

 

この、お塩とお神酒も始める方位があるそうです。

そして、うちの棟梁いわくその時に、唱える呪文のようなものもあるそうなのです。

ただ単に、お塩とお神酒を撒けばいいだろうでは、あまり意味が無いそうなのです。

そんなことを知っている大工さんと、知らない大工さん

あなたの大切な家をリフォームで触ってくれる、大工さんはどちらの方を望まれますか?

やはり、建築屋とは縁起を担ぐ商売で、ゲンも担ぎます。

悪いとされる事よりも、良いとされる事を

DSCF0772

きららホームへのお問い合わせ・ご相談・お見積りのご依頼はこちら

  • 資料請求
  • ご相談・見積り
  • 無料診断
お気軽にお電話ください。
お問い合わせは今すぐ フリーダイヤル 0120-28-5893
fax 24時間対応 058-328-5738
または、お問い合わせフォームよりお問い合わせ下さい。お問い合わせフォームへ
お問い合わせ後に無理な売り込みや訪問販売は一切いたしません。