岐阜県本巣市 古民家 広縁張り替えリフォーム

岐阜県本巣市 古民家広縁張り替えリフォーム現場です。

DSCF0889

広縁のフローリングから、檜(ヒノキ)の節無しの無垢板を張り替えています。

(前は洋風のフローリングで、お客様は古民家には似合わないと

あまり気に入っておられなかったようです。)

DSCF0893

長さが4mの継ぎ目が全くないヒノキのフローリング。

1枚1枚キズや水割れが無いか確認しながら、

割り付けを考えての作業になります。

 

DSCF0895

床を留めるのは、もちろん釘を1本1本手で打っていきます。

今回使用している、檜の床材は15ミリ

ビスでは、割れてしまいます。

そして、エアー釘打ち機は使いません。

捨て貼りの針葉樹合板を留めるビスに、高圧で打ち込む釘が当たったら

跳ね返って、表面のどこから釘先が飛び出して、

床板の表面を傷つけてしまう恐れがあります。

 

DSCF0916

1本1本手で打つ事により、万が一下のビスに当たった場合は抜くことができます。

また、1本1本釘の先を金づちで叩いて、わざと潰す。

これを知っている、大工さんも少ないのではないでしょうか?

なぜ、釘の頭を潰すのでしょうか?

DSCF0913

先の尖ったままの釘では、木の中に入る時に鋭く刺さり

弱い部分などが割れてしまったりするそうです。

先を潰すことにより、丸みを持たせ優しく、中に入っていくのだそうです。

 

この事を知らないと、逆に先は尖った方が良いのでは?と思われる方もみえると思いますが

そうではないのです。

 

知っている人すら、少ないこの知識

知っていてもこの手間な作業をする大工さんは、何人いるのでしょうか?

 

手間暇かけないと本当に良い家は、建ちません。

先祖代々何十年と守られてきた古民家には、手間暇をかけないといけないと思います。

特に、無垢板の場合は、1枚1枚と対話しながらの作業が必要です。

岐阜の古民家をリフォームさせて頂いている事に、感謝します。

ありがとうございます。

 

岐阜 古民家再生リフォーム

株式会社きららホーム

岐阜県瑞穂市十七条737-1

TEL:0120-28-5893

きららホームへのお問い合わせ・ご相談・お見積りのご依頼はこちら

  • 資料請求
  • ご相談・見積り
  • 無料診断
お気軽にお電話ください。
お問い合わせは今すぐ フリーダイヤル 0120-28-5893
fax 24時間対応 058-328-5738
または、お問い合わせフォームよりお問い合わせ下さい。お問い合わせフォームへ
お問い合わせ後に無理な売り込みや訪問販売は一切いたしません。