岐阜県本巣市 古民家を暖かくするリフォーム 

岐阜県本巣市 古民家を暖かくするリフォーム中の、きららホームです。

古民家は、一般的に暗く、冬寒く、使い勝手が悪い特徴があります。

また、壁が少なく耐震面では不安が残るのも事実です。

特に、冬寒いというのは住む人にとって大変な不便を感じます。

DSCF0971

冬寒いというのは、木製建具に使われるガラスが単板ガラスであったり、

建てつけにより、隙間が生じていたり

根本的に断熱材が使用されていないという原因があります。

古民家に使用されているガラスは、それはそれは見事なガラが、

あしらわれている場合が多々あります。

DSCF0983

断熱性能が、低い昔のサッシでは、どうしても外気を室内に通しやすく

冬寒いということになってしまいます。

では、夏は暑いのでしょうか?

実は、古民家は夏涼しいのです。

風通しの良い大きな窓がいくつもあります。

また、軒の出が大きく真夏でも 太陽に日差しが直接室内に入りにくい

土間などがあるお宅では、冷たい土間の上を通った風が冷やされ

涼しい風が、室内を冷やしてくれます。

 

DSCF0989

古民家は、石の上に柱が建っている石場建てという、

伝統構法で建てられている場合があります。

家って、コンクリートの基礎の上に建てるのでは?と思われる方もいらっしゃる

かもしれませんが、石の上に建っている家も数多くあります。

DSCF0990

ただ、石は1個1個独立して置かれています。

そして、その上に木の束(つく)が建てられています。

そこで、床の高さが全て同じに保たれる事も少ないのです。

どこの位置を床の高さの基準にするのか?

特に、南面等の広縁のサッシの場合、雨戸も同時に取り付ける場合は

採寸がシビアになります。

取り付けには、正確な位置出しと高さ出しが必要です。

 

今回も、キレイにサッシが取り付けられました。

これで、お客様の笑顔に一歩前進です。

 

岐阜県本巣市 古民家を暖かくするリフォーム

株式会社きららホーム

岐阜県瑞穂市十七条737-1

TEL:0120-28-5893

 

きららホームへのお問い合わせ・ご相談・お見積りのご依頼はこちら

  • 資料請求
  • ご相談・見積り
  • 無料診断
お気軽にお電話ください。
お問い合わせは今すぐ フリーダイヤル 0120-28-5893
fax 24時間対応 058-328-5738
または、お問い合わせフォームよりお問い合わせ下さい。お問い合わせフォームへ
お問い合わせ後に無理な売り込みや訪問販売は一切いたしません。