大工棟梁は、カッコイイ

私が小さい頃、家は大工の棟梁が建てるものでした。

今は、誰が建てているの?と思われるかもしれませんが、

今も基本的には、大工さんが建てていますが、

今の若い大工さんは、プレカットという工場で機械が

設計図通りにカットされた、プラモデルの様な材木を、

説明書通りに組み立てていくのが、主流になりつつあります。

確かに、新築の場合上棟(建前)の日に、何人もで一気に組み上げる

大工さんの姿はカッコイイいです。

しかし、大工さんの中でも 棟梁と呼ばれる大工さんは一握り。

そんな棟梁はもっと、輝いていてカッコ良いものでした。

DSCF00821

こちらは、きららホーム 稗田棟梁(ひえだとうりょう)です。

一体何をしている画像かというと、

枝付き丸太に、墨付けをしている画像です。

墨付けとは、材木を加工する前に、墨つぼと墨さし(竹製)を使って

棟梁(大工)が柱材や梁材などの構造材や、造作材などに墨で印を付ける作業。

まず、普通の住宅にこの様な 枝付き丸太はありません。

また、この様な枝付きの丸太のある展示場を見たことがありますか?

 

この様な、墨付けが出来る大工さんも現在非常に減ってきています。

そして、この枝付き丸太の様な、不規則極まりない木材に墨付け出来る

棟梁もほとんどいないと思います。

DSCF0310

床と梁(はり)の2か所にも、ビシッと合わせる正確な 墨付けが出来ると

この様に、子どもが登ってもビクともしません。

 

新築の家は、正確なコンクリートの基礎の上に、

工場で機械によってカットされた、プレカットで建てていきます。

では、リフォームではどうでしょうか?

日本中探しても、1つとして同じ家はありません。

リフォームに、説明書はありません。

あなたは、誰に家を建ててもらいたいですか?

墨付けのできない、大工さんですか?

経験豊富で、技のある棟梁ですか?

 

きららホームでは、次世代の大工棟梁を目指す若い方も応援しています。

棟梁は、カッコイイ

株式会社きららホーム

フリーダイヤル 0120-28-5893

 

 

きららホームへのお問い合わせ・ご相談・お見積りのご依頼はこちら

  • 資料請求
  • ご相談・見積り
  • 無料診断
お気軽にお電話ください。
お問い合わせは今すぐ フリーダイヤル 0120-28-5893
fax 24時間対応 058-328-5738
または、お問い合わせフォームよりお問い合わせ下さい。お問い合わせフォームへ
お問い合わせ後に無理な売り込みや訪問販売は一切いたしません。