古民家再生と地方創生の今後

我が国には、世界に誇れる建築文化の結晶ともいえる   『古民家』という建築物がある。

基本的に古民家は、

築50年以上の伝統構法・在来工法で建てられた

民家(農家民家、漁家、商家、武家屋敷、侍屋敷)などを指します。

そんな、古民家の事を真剣に考えている、

一般社団法人全国古民家再生協会の支部長を中心とした

「古民家活用による地方再生」懇談会に、出席してきました。

会場は、衆議院第二議員会館。

昨年に引き続き、2度目の衆議院議員会館。

もちろん、入館には通行証が必要。

セキュリティも厳重である。

懇談会5 懇談会3

いわば、日本の古民家再生と地方創生の今後を真剣に検討する意見交換会。

懇談会2

全国各地の支部長

懇談会1

古民家再生と地方創生へ向けての意見交換会には
井林達徳 衆議院議員
大隈和英 衆議院議員
中村喜四郎 衆議院議員
中村裕之 衆議院議員
山本博司 参議院議員
白石徹 衆議院議員
三木亨 参議院議員
以上の代議士の先生方にお越しいただきました。

懇談会6 懇談会7

懇談会8

お忙しい中、貴重なご意見をありがとうございました。

 

株式会社きららホーム 井上理崇も

一般社団法人全国古民家再生協会 岐阜第二支部 支部長として参加させて頂きました。

懇談会9

古民家を扱う、唯一のプロ 古民家鑑定士

先人の想いの詰まった、古民家に眠る古材を扱う、唯一のプロ 古材鑑定士

 

この、古民家鑑定士による 古民家鑑定と

古材鑑定士による  古材鑑定

 

古民家再生と地方創生の今後を担う、大きな役目があると感じました。

今後、2020年東京オリンピックに向け、多くの外国人観光客の方が

全世界中から日本:JAPAN に、やってきます。

そんな外国人観光客が宿泊したいのは、近代的な高級ホテルではなく

日本にしかない、『古民家』なのです。

せっかく、日本:JAPANに、来たのだから少し足を延ばして

日本を観光していきたい。

古民家に泊まりたい。

そんな事を、考える方に日本全国には素晴らしい古民家や重要文化財が存在します。

京都・奈良・東京・大阪・名古屋・九州・北海道

などの有名どころではなく、岐阜というキーワードを連想できるように

古民家再生と地方創生の今後について、

全国古民家再生協会 岐阜として何ができるかを考えていきます。

古民家再生と地方創生の今後

株式会社きららホーム

フリーダイヤル0120-28-5893

 

きららホームへのお問い合わせ・ご相談・お見積りのご依頼はこちら

  • 資料請求
  • ご相談・見積り
  • 無料診断
お気軽にお電話ください。
お問い合わせは今すぐ フリーダイヤル 0120-28-5893
fax 24時間対応 058-328-5738
または、お問い合わせフォームよりお問い合わせ下さい。お問い合わせフォームへ
お問い合わせ後に無理な売り込みや訪問販売は一切いたしません。