うだつの上がる町の古民家鑑定 中日新聞に掲載されました

うだつの上がる町の古民家鑑定 中日新聞に掲載されました。

 

きららホームの井上理崇です。

古民家再生協会岐阜の古民家鑑定士の有志による古民家鑑定の様子が

7/31付の岐阜県 中日新聞 中濃版に掲載されました。

??????????????????????????????? ???????????????????????????????

古民家鑑定士の古民家鑑定の技術を向上させるため、年数回実技講習を行っています。

きららホーム 井上理崇も、古民家鑑定士・古材鑑定士の資格を有し

全国古民家再生協会岐阜 第二支部 支部長

古民家再生協会岐阜 西濃支部 支部長

として、日々、日本の古民家を未来の子どもたちに1棟でも多く残せれたらと活動している。

IMG_00382

今回は築350年の古民家

岐阜県美濃市常磐町 うだつの上がる町 鈴木公平家住宅

DSCF1230

普段は一般公開されていない古民家の貴重な公開とあって、地元の方々も

オブザーバーとして多数参加されました。

古民家再生協会岐阜 としての地道な活動が、

マスコミや行政の目に留まり、今回多くの方に見守られながらの古民家鑑定となりました。

DSCF1419  DSCF1239

高山の大下竜一理事長と、きららホーム 井上理崇支部長を中心に 古民家鑑定士6名

暑い岐阜で、熱い鑑定となりました。

DSCF1432

岐阜県美濃市 うだつの上がる町

うだつとは、、、隣家との境界部分の日本家屋の屋根に取り付けられる土造りの小柱、防火壁のことを指した。

うだつを造るには、かなりの費用がかかったため、裕福な家にしか『うだつ』は作れなかった。

当時、『うだつ』を造れるのは富と栄光の証とされ、商人のステータスにもなっていた。

本来は『梲』と書いたが、室町時代以降は『卯建』・『宇立』などの字に変わっていった。

平安時代には『うだち』と呼んでいたが、室町 時代以降「うだつ」と訛っていったといわれている。

元々は、梁(うつばり)の上に立てる小さい柱のことをいった。

 

DSCF1348

家の奥には、おくどさん

DSCF1355

海鼠壁(なまこかべ)の蔵が、2本

DSCF1356

地図でしか見たことがない大きな楠

日本の伝統文化 伝統構法で建てられた古民家

古民家鑑定に、興味のある方は

古民家再生協会岐阜 西濃支部まで

058-322-5855

きららホームへのお問い合わせ・ご相談・お見積りのご依頼はこちら

  • 資料請求
  • ご相談・見積り
  • 無料診断
お気軽にお電話ください。
お問い合わせは今すぐ フリーダイヤル 0120-28-5893
fax 24時間対応 058-328-5738
または、お問い合わせフォームよりお問い合わせ下さい。お問い合わせフォームへ
お問い合わせ後に無理な売り込みや訪問販売は一切いたしません。