岐阜 外壁塗装 リフォーム 下塗り

岐阜 外壁塗装 リフォーム 下塗り

株式会社きららホーム 井上理崇です。

今日は、トタン(金属部分)の下塗り さび止めを行います。

ちなみに、塗料には水性と油性のものがあります。

そして、塗料は原液のままでは、うまく塗れません。

水性塗料には、水を

油性塗料には、塗装用シンナーを混ぜて、溶かして攪拌してから塗ります。

下塗り4

ここで希釈する量は、メーカー毎に定めがあります。

きららホームでは、このメーカーの定める希釈量を必ず守ります。

そこで登場するのが、電子秤です。

慎重に測定しながら、ネタを作っていきます。

当たり前のことですが、とても大切な事です。

多すぎても少なすぎても、100%のパフォーマンスはできません。

下塗り1  下塗り3

ケレンがけを行ったので、素早くさび止めを入れる必要があります。

さび止めには、このように赤さびいろの塗料が多く使用されてきました。

下塗り(さび止め)を塗ったか塗っていないかが、一目瞭然にわかるからです。

このさび止めも、下塗りだから、

「どうせ上塗りしたら、見えなくなるのだからと、塗らなかったり

いい加減に塗って、塗れているところと、塗れていないところがあっては、

その塗り替えは本当に正しいものと言えるのでしょうか?

下塗り2

いい加減な仕事では、本当の意味でお客様を笑顔にすることは出来ません。

ちなみに、稲守親方は、

「さびが激しかった箇所には、さび止め2回塗っておいたよ!」

と、言ってくれました。

 

上塗りをしてしまえば、分からなくなってしまう下塗りを2回も

それも、自分の判断で。

 

お客様の笑顔を第一に考えてくれる、職人さんはきららホームの宝です!

今日も1日、お疲れさまでした。

ありがとうございます。

岐阜 外壁塗装 リフォーム 下塗り

株式会社きららホーム

岐阜県瑞穂市十七条737-1

フリーダイヤル0120-28-5893

きららホームへのお問い合わせ・ご相談・お見積りのご依頼はこちら

  • 資料請求
  • ご相談・見積り
  • 無料診断
お気軽にお電話ください。
お問い合わせは今すぐ フリーダイヤル 0120-28-5893
fax 24時間対応 058-328-5738
または、お問い合わせフォームよりお問い合わせ下さい。お問い合わせフォームへ
お問い合わせ後に無理な売り込みや訪問販売は一切いたしません。