ただいま施工中

ただいま塗装中!です

鉄骨庇塗り替え 中塗り

湿度があまりにも高い時は、塗る面に水分が付着しやすいので

注意が必要です。

一般的に、といいますかか塗料メーカーは

湿度85%以下での塗装をと言ってます。

雨・風がなくても

天候に気を配りながら塗装します。

ありがとうございます

 

鉄骨庇塗り替え 錆落とし

羽島市で鉄骨の塗装工事が始まりました。

屋根板をめくって、鉄骨の塗り替え。

まずは錆を落とします。

入念にやらないと、錆の上に塗装しても

効果が出ません。

 

鉄骨庇塗り替え 足場架け

羽島市・H様邸からです。

鉄骨でできた大きな庇(ひさし)がH様邸にはあるのですが、

やね

錆びた屋根板の張り替えと

鉄骨の塗り替えをご依頼いただきました。


足場を組み終えたところです。

しっかりした仕事は、安全な足場から。

ありがとうございます

 

下塗りを2度塗り

古民家塗装中の、岐阜県瑞穂市K様邸から、

金属屋根の下塗り中です。

 

塗料が乾くのを待って・・・

 

より塗装の効果を高めるために

下塗りを2度塗り。

色が違っているのが、2度目の下塗り塗料。

長持ちする塗装を目指します。

ありがとうございます

 

古民家 外壁塗装中

瑞穂市の蓄65年になる古民家で

外壁塗装が行われています。

塗料の飛散防止のために張ってあった養生シートが外され、

きれいになった外観が見えてきました。

もう一息です。

ありがとうございます

 

雨戸は傷をつけてから塗装します

何度も言います。

金属部分は紙ヤスリで表面に傷をつけてから

下塗りをします。

この方が塗料の密着が良くなるから。

 

そして今回の雨戸は吹き付け塗装


専用のガンで吹き付け。

ていねいにムラなく塗るのが職人の心意気です!

 

細かいところも腕の見せどころ

岐阜県瑞穂市十八条のK様邸からです。

一部の箇所では仕上げに入っています。


細かなところのチェックも欠かせません。

 

だんだんと綺麗になっていきます。

 

安く塗った木部塗装 その結果は・・・

木部の塗装は注意が必要です。

 

前に塗られた塗料、ツヤが残っているので

おそらくは溶剤系ウレタン塗料だと思われますが、

ペリペリにめくれあがっています。

木部にありがちなこの症状、

下塗りを塗らなかったのも一要因です。

 

塗り替えには古い塗膜を

出来る限り落とす必要があります。

今、安く塗れたと満足しても

次の塗り替えで大きな手間が掛かってしまっては

あんまり意味がないですよね。

 

いやむしろ、落としきれない旧塗膜のせいで

仕上がりが悪くなりかねません。

 

安ければいい、というものではないんですよね。

 

下塗り塗料がしっかり乾いてから、中塗りに

岐阜県瑞穂市十八条で塗装工事中のK様邸からです。

インターバルという言葉をご存知ですか?

合い間とか休憩とか、時間を置くという意味を指します。

塗装にもインターバルは大事な要素です。

前に塗った塗料が生乾きの状態で重ね塗りしても

うまく密着してくれないのです。

K様邸でも、乾き具合をしっかりと確認してから

中塗りへと移っています。

ありがとうございます

 

きららホームへのお問い合わせ・ご相談・お見積りのご依頼はこちら

  • 資料請求
  • ご相談・見積り
  • 無料診断
お気軽にお電話ください。
お問い合わせは今すぐ フリーダイヤル 0120-28-5893
fax 24時間対応 058-328-5738
または、お問い合わせフォームよりお問い合わせ下さい。お問い合わせフォームへ
お問い合わせ後に無理な売り込みや訪問販売は一切いたしません。