ただいま施工中

岐阜・池田町 K様邸新築

リビングの吹抜と階段加工

K様邸はデザイン階段

吹抜部分に取り付けられます

階段加工に入ります。

取り付けが終わるのが待ち遠しいです。

ありがとうございます

 

グリーンの外壁 見えてきました

和風に見せたいとのご希望で、濃いグリーンの外壁のK様邸

外部足場のシートを畳んだら、グリーン基調の外観が見えてきました。

足場が外れる日が楽しみですね。

ありがとうございます

 

大工工事 進んでいます

池田町・K様邸新築工事です。

壁の石膏ボード張り付けの準備をしています。

準備工事は仕上がると見えなくなってしまう内容がほとんどで、

一目ではみんな同じように見えます。

でもその違いは、10年単位でなら分かってきます。

見えない部分にどれだけ手を掛けるか。

 

丁寧な仕事を心がけます。

ありがとうございます

 

厚さ3センチ 樹齢300年のフローリング

厚さが3センチのフローリングは他にもありますが、

樹齢300年は見かけません。

このフローリングはロシアからやって来た「赤松」で、

シベリアの極寒の地で長い年月を経て成長したもの。

それを1枚1枚吟味し、手間暇かけて加工してあります。

 

どれほど素晴らしいかは、

弊社モデルルームに来られれば分かります。

 

また一棟、赤松のフローリングの家が作られています。

ありがとうございます

 

遮熱シート張りの後、ウレタン発泡断熱

屋根裏に遮熱シートを張り巡らし、

そこにウレタン断熱材を吹き付けます。

 

発泡ウレタンは、だいたいこのような2t車がやってきます。

 

そしてウレタンが付いてはいけない部分を養生して

吹き付け作業に入ります。

ありがとうございます

 

屋根裏に遮熱シートを張っています

屋根裏にもウレタン吹付断熱材を施すので、

通気層を確保するために遮熱シートを張っています。

 

屋根裏前面にシートを張り終えた時には、汗びっしょり!

でもこのお陰で太陽の熱がシートで反射されるので、

省エネ効果が高まるんですね。

ありがとうございます

 

勝手口サッシの取り付け

勝手口サッシは、二重ガラスがセットされた状態で納入されるため、

かなり重くて取り付けも大変です。

二人がかりで縦・横ピッチリと付け終わりました。

窓サッシが入ると、家らしくなっていきます。

ありがとうございます

今回、屋根は軽い金属を使います

K様邸の屋根は、軽い金属板を使います

瓦の方が耐久性抜群なのですが、

地震への不安を少しでも減らしたい、と

金属板を要望される方もいらっしゃいます。

 

お客様がどんな暮らしがしたいのか

 

テーマはそこにあります。

ありがとうございます

屋根 防音・防火・結露対策

K様邸の屋根はガルバリウム鋼板(金属板)となっています。

金属は軽量にできるという大きなメリットの反面、

①雨音がうるさい

②火の粉が飛んできたらフライパンのように熱が伝わる

③裏側に結露を起こしやすい

というデメリットもあります。

 

そのデメリットを打ち消すためには

耐水性のある石膏ボードを敷き詰めるのがおススメ。

これで家の基本性能が向上するのだから、

決して高い買い物じゃございません。

 

そして防水シート敷き。

ジョイント部分の重ね代もバッチリです。

ありがとうございます。

 

上棟 おめでとうございます!

梅雨明け一転、岐阜は連日、

日本一の暑さが続いています。

そんな中、K様邸の上棟が行われています。

K様おめでとうございます!

 

きららホームへのお問い合わせ・ご相談・お見積りのご依頼はこちら

  • 資料請求
  • ご相談・見積り
  • 無料診断
お気軽にお電話ください。
お問い合わせは今すぐ フリーダイヤル 0120-28-5893
fax 24時間対応 058-328-5738
または、お問い合わせフォームよりお問い合わせ下さい。お問い合わせフォームへ
お問い合わせ後に無理な売り込みや訪問販売は一切いたしません。