トヨタホームの塗り替え 「職人さんによってこんなにも差が?」 岐阜県瑞穂市

  事例

(トヨタホームの屋根と外壁を、遮熱シリコン塗装させて頂きました)


工事概要
住所/岐阜県瑞穂市(旧穂積町)
工期/16日間
工事内容/屋根遮熱シリコン、外壁遮熱シリコン、一部の金属板張り替え

最初の塗り替えは、トヨタホームさんにお願いされたN様。2回目となる今回は、当社にご依頼して頂けました。

ベランダの谷樋に水がいつまでも溜まっていて布団も干せない。外壁の塗り替えと同時に、何とかならないでしょうか?

『きららホーム』からのご提案

谷樋の勾配が、逆になっていたので、現状の谷樋の上から新しく正しい勾配の谷樋を設置することに。雨漏りの心配もある為、装飾の鼻隠しも雨漏りしにくい造りに変更する事をご提案させて頂きました。 また塗り替えは、前回の塗り替えで、外壁の表面がトゲトゲした仕上がりになっていたので、それらを和らげる工法でご提案させて頂きました。

施工前
  • 全体的に色落ちしていた外壁。特に色落ちの激しかった鼻隠し部分は希釈しすぎた塗装がされていました。

  • 外壁の表面がトゲトゲしていて、これでは皮膚が触れた時に痛いので、表面を滑らかにする塗装をお勧めしました。

  • 屋根はカラーベスト(コロニアルとも言います)で葺かれていますので、表面の塗装が劣化し、コケも生えています。

  • 屋根の一番上の金属板には防水テープが張ってあり、そこに塗装がされていました。このハウスメーカーさん独自の補修の仕方のようですが、防水テープは野ざらしでは長くは持ちませんので、根本的な対処が必要です。

  • カラー鋼板でできた屋根は、下の部屋が暑いということで、遮熱塗料をお勧めしました。

  • ローラーで塗るからと言って綺麗に仕上がるわけではありません。前回の塗装で技量の全く違う職人が塗ったらしく、塗料の厚みの違いにより、かなりの塗りムラが発生してしまっています。

施工中
  • 足場掛け、高圧洗浄の後、取ってしまえるシーリングを撤去し、新たに防水のためシーリングを打ち直します。

  • カラーベストの素地の状態が通常より良くなく、下塗り(プライマー)を2回塗りすることで対処します。

  • カラーベスト部分は4回塗りとなりましたが、工期がないからと焦らず、それぞれの塗料をしっかり乾かすことで、塗装の本来の効果を発揮します。

  • 笠木の折り返し部分までしっかり、丁寧に塗っていきます。

  • 逆勾配になっていた、ベランダの谷樋も水が流れるように造り替えていきます。

  • 壁の下塗り塗装です。古い塗装表面のトゲトゲを無くすために大きな空隙の空いたローラーを使い、厚塗りタイプの下塗り専用塗料を塗っていきます。

  • 1回目の上塗りに入りました。塗料の粘りが強く、1日塗っていると相当の重労働となりますが、メーカー規定を守るために頑張ります。

  • 雨どいや破風などの塗装も行います。これらを塗ることで、お家が一層引き締まります。

施工後
  • ブラウン系の落ち着いた外観になりました。遮熱塗装は太陽からの熱を遮る効果があるので、夏の暑さから軽減される上に節電も期待できます。

  • 出来る限り塗装表面のトゲトゲを無くしましたので、皮膚で触ってもそれほど痛みを感じなくなりました。

  • 屋根も綺麗なココアブラウン色になり、以前は薄い塗料が塗ってあった部分も、きちんと塗料メーカー規定に則って塗装してあります。

  • 防水テープが張られていた金属板も、新しいものに交換してあります。

この家を建ててもらったのと大手企業という安心感から、以前の塗り替えはトヨタホームに頼んだんですが、きららホームさんは、もっとずっと丁寧に塗ってくれました。 職人さんによってこんなにも差が出るものなんですね。ありがとうございました。

職人の声

以前の塗装の塗りムラが激しく、修正するのにかなり苦労しましたが、なんとかきれいになって良かったです。塗装は、その時にきれいになればいいというものではありません。10数年後に来る塗り替えの時のことまで考えていないと、その時に大きな手間と費用がかかってしまうことがあるので、注意が必要です。

担当者の声

以前は大手メーカーのトヨタホームさんで塗り替えをされたにも関わらず、きららホームに今回は頼んで頂けて、ありがとうございます。ベランダの谷どいの傾きが逆になっていたのを、正しい方向に変えるのに苦労しましたが、最後はN様にも納得していただける仕事ができました。N様、ありがとうございます。

その他の施工事例はこちら

きららホームへのお問い合わせ・ご相談・お見積りのご依頼はこちら

  • 資料請求
  • ご相談・見積り
  • 無料診断
お気軽にお電話ください。
お問い合わせは今すぐ フリーダイヤル 0120-28-5893
fax 24時間対応 058-328-5738
または、お問い合わせフォームよりお問い合わせ下さい。お問い合わせフォームへ
お問い合わせ後に無理な売り込みや訪問販売は一切いたしません。