日本家屋の離れ外壁塗装リフォーム成功物語  岐阜・瑞穂市S様邸

  事例

日本家屋の離れ外壁をシリコンで塗装させて頂きました


工事概要
住所/岐阜県瑞穂市(旧巣南町)
工期/11日間
工事内容/離れの外壁の一部張り替え(ガルバリウム鋼板)、外壁のシリコン塗装、雨戸・雨どいのシリコン塗装、母屋のクロス一部張り替え

遠くよりも近くの業者に頼みたい

離れの外壁の色が、ここ1~2年でずいぶんと変わってきた。 塗り替えしたいが、遠い業者は何かあった時にすぐに来てくれへんので、近くの業者に頼みたかった

『きららホーム』からのご提案

調査の結果、一部のカラー鋼板の裏側に錆びが回っており、塗装しても数年でまた錆びが出てくることが分かりました。 その部分に関しては、塗り替えより張り替えすることをお勧めし、S様にも承諾頂けました

施工前
  • 建ててから25年を超えていましたが、その間離れの外部は、何もお手入れをしたことがないそうです。 一般に日本家屋は、メンテナンス費用が低く抑えられる傾向があるようです

  • 母屋は堂々たる日本家屋(本屋普請)ですが、離れも入母屋造りの立派な建物ですね

  • 築25年以上になると、屋根の張りだしがきちっとあってもさすがに色褪せが目立ちます

施工中
  • 高圧洗浄です。 黒くなっている汚れが、見る見るうちに落ちていきます

  • トタンなどの鋼板は、高圧洗浄後のサンドペーパー掛け(目荒らし、と言います)が重要な作業です。 塗料の密着性が良くなります

  • 母屋との間の屋根(折板・ルーフ)も塗装します。 特に錆びがひどかったので、下塗りの錆止め塗料を2回塗りします

  • 角波鋼板(俗に言う角波トタン)は凹凸が大きいので、ローラーに加えて刷毛塗りを丁寧に行うことが綺麗に仕上げるコツです

  • 雨戸の塗装も行います。ここでも目荒らしは、大切な作業となります

  • 雨戸は一般的に、吹き付け塗装です。 これで家の表情は、ぐっと引き締まりますよ

施工後
  • 外壁塗装をし終えて、落ち着いた雰囲気となったS様邸の離れ

  • メインの色が赤系からグリーン系になり、どっしり感が出ています

  • 近頃はあまり見かけませんが、白とグリーン系の組み合わせは、和風住宅によく似合います

うちの工事をしてもらうなら地元の業者と決めていましたが、とてもきれいにしてもらえて、うれしく思っています。また相談したいことが出来ましたら、よろしくお願いします

職人の声

一般的にトタン(カラー鋼板)の場合、現在主流のサイディングと違って、はっきりとは塗り替えのタイミングが分かりづらいかと思います。それで気付いた時には塗れる状況じゃなく、全く張り替えてしまわなければならないということも、時々あります。今回はS様が気付かれておられたので、ごく一部を除き、間に合いました。 とてもきれいになりました。

担当者の声

一部に塗装しない方がいい(錆びがひどい)ところもありましたが、塗装の時期としてはぎりぎりのタイミングでお客様は決断されましたので、結果的に費用は安くすむようになりました。 S様、ありがとうございます。

その他の施工事例はこちら

きららホームへのお問い合わせ・ご相談・お見積りのご依頼はこちら

  • 資料請求
  • ご相談・見積り
  • 無料診断
お気軽にお電話ください。
お問い合わせは今すぐ フリーダイヤル 0120-28-5893
fax 24時間対応 058-328-5738
または、お問い合わせフォームよりお問い合わせ下さい。お問い合わせフォームへ
お問い合わせ後に無理な売り込みや訪問販売は一切いたしません。