和式トイレを簡易洋式トイレにリフォーム成功物語  岐阜県瑞穂市H様邸

和式トイレを、家族みんなが使いやすくて安心な簡易洋式トイレにリフォーム

  施工事例

リフォーム概要
[住所]岐阜県瑞穂市
[工期]9日間
[リフォーム内容]
外部の和式トイレを洋式にリフォーム(トイレ内も大きくしました)
お客様との出会い
きららホームのホームページをご覧になり、当社にご相談をされたのがきっかけです。

おじいさんが使いやすいトイレにしてほしい

外にあるトイレが和式なので、おじいさんが使いやすいように家の中にトイレを作ることはできますか? 無理なら、なんとか洋式にするだけでも可能ですか?

『きららホーム』からのご提案

調査の結果、今のトイレは汲み取り式で浄化槽がありませんでした。新たにトイレを作るとなると合併浄化槽を入れる必要があり、それには台所・お風呂・洗面所などの排水も繋がなければいけません。費用がかなり必要になってしまうので、将来お家をリフォームなどするご予定があるのでしたら、その時に一緒に工事をするという選択もあります。その場合は、とりあえず簡易水洗式の便器を取り付けることをお勧めします。

リフォーム施工前
  • 和式トイレで、この下に比較的大きな汲み取り槽が埋め込まれています。

  • 昔ながらの和式トイレにありがちな必要最小限のスペースで、現在の洋式便器を設置すると、座る・立つ時に前の壁に頭をぶつけてしまうので、トイレ内のスペースを大きくする必要がありました。

  • 外トイレは、ご覧のようにブロック積みで造られたものが多いのです。

リフォーム施工中
  • トイレの中を広くするために、解体に先立って外側の壁を造っておきます。

  • 外壁の下地が出来上がりました。これで解体時の粉塵が飛び散らなくなります。

  • 和式便器の解体です。床のタイル、壁の一部も撤去します。

  • 新しく造った壁には、断熱材を詰め込みました。これは寒さ対策もありますが、むしろ夏の西日の暑さを少しでも和らげるのが主な目的です。

  • 水道配管の工事中です。

  • タイルも新しくなり、便器の取り付けを待つばかりです。

リフォーム施工後
  • 完成した洋式トイレ(簡易水洗式)です。タイルも新しく張り替えられ、装いが一変しました。洋式便器になったので、とても使いやすくなっています。

  • トイレの入り口も木製からアルミ製のドアになっています。このドアと小便器、手洗い器との位置関係がとても難しかったのですが、うまくまとめることが出来ました。

  • 新しい外壁はガルバリウム鋼板です。太陽の熱をとても伝えやすい素材で、何もしないと暑くて仕方がないことが分かっていましたので、断熱をしっかりしてあります。

リフォームされたお客様の声

普段の生活をふまえ、一番良い方法で、金額面でも配慮していただいて、感謝しています。ありがとうございました。

リフォーム担当者の声

家の中にトイレを作れればよかったのですが、金額の面で難しいとのことでしたので、それならば今あるトイレを最大限使いやすくすることを考えました。 汲み取り式の外トイレでしたので工事は結構大変でしたが、職人さんたちの知恵とがんばりで、うまくまとめることができました。 お客様に大変喜んでいただけたことが、何よりうれしいことですね。 ありがとうございました。

その他の施工事例はこちら

きららホームへのお問い合わせ・ご相談・お見積りのご依頼はこちら

  • 資料請求
  • ご相談・見積り
  • 無料診断
お気軽にお電話ください。
お問い合わせは今すぐ フリーダイヤル 0120-28-5893
fax 24時間対応 058-328-5738
または、お問い合わせフォームよりお問い合わせ下さい。お問い合わせフォームへ
お問い合わせ後に無理な売り込みや訪問販売は一切いたしません。