門松づくりに使う竹の準備 岐阜

門松づくりに使う竹の準備 岐阜

 

きららホーム女性スタッフの井上領子です。

もうすぐ開催されます、OB様向けイベントの

門松づくり体験会の準備が、着々と進んでいます。

CIMG2324

先日、これもOB様のお宅でいただいてきた竹を

斜めに切って「そぎ」にします。

角度をそろえて切るのは、なかなか難しいんですよ。

切った竹は3本ひとまとめにして、テープで仮止めします。

CIMG2327 CIMG2388

仮止めした竹を、棕櫚縄(しゅろなわ)でくくります。

この時、竹のそぎの高さが見栄え良くなるように、

そろえておくのがコツ。

左右向かいあわせで対照になるようにします。

一対の門松を作るためには一本の竹では足りません。

左右同じくらいの大きさに揃えるには、太さを揃えないといけないからです。

このあとは、松、南天、葉牡丹なども用意します。

 

そして、大工さんが遊びで作りました。

CIMG2329

中に明かりを入れると、風流な飾りになりますね。

お茶室のお花を活ける、花瓶なんだそうです。

この竹は孟宗竹(モウソウダケ)なので、タケノコの大きくなったものですね。

CIMG2330

他の竹と違うのは、切った時の臭い。

なんとなく臭みが弱く、タケノコを煮ている時のような臭いがしてきます。

固くなければ食べられるかも、というぐらい

いい色していました。美味しそう…

 

門松づくり体験は今週末です。

参加される皆様、よろしくお願いします。

 

E-mail   kirara-h@amail.plala.or.jp
フリーダイヤル0120-28-5893

門松づくりに使う竹の準備 岐阜

 

きららホームへのお問い合わせ・ご相談・お見積りのご依頼はこちら

  • 資料請求
  • ご相談・見積り
  • 無料診断
お気軽にお電話ください。
お問い合わせは今すぐ フリーダイヤル 0120-28-5893
fax 24時間対応 058-328-5738
または、お問い合わせフォームよりお問い合わせ下さい。お問い合わせフォームへ
お問い合わせ後に無理な売り込みや訪問販売は一切いたしません。