ただいま施工中

ただいま塗装中!です

屋根遮熱塗装 中塗り

太陽からの熱線を遮る塗装

 

オリンピックの暑さ対策のために、

東京都が住宅のリフォームにも勧めてきた塗装です。

当社のお客様にも効果を実感いただき、

何より塗っている職人が、

「表面の温度が下がりますね」と言います。

特にこのお家は屋根が金属なので、

遮熱塗装の効果が大いに期待出来ますね。

 

今日も丁寧に塗っています。

ありがとうございます

雪止め金具 専用プライマー

金属の種類ごとにプライマー(下塗り塗料)が違います

ここのお家の屋根はガルバリウム鋼板。

そして雪止め金具はステンレス製。

塗り分けを嫌う業者さんもいるようで、

手間がかかるからなんですね。

でも耐久性の面から見ると、塗り分けはした方が良いんです。

 

お客様の、大切なお家の資産価値を上げるために行っています。

ありがとうございます

 

屋根と外壁の洗浄 この現場は3時間かけて洗います

屋根と外壁を丁寧にしっかりと洗浄すると、

2時間以上かかる場合がざらにあります。

 

家の面積、形状、洗浄面の状態、まわりの置物など

いろいろ条件が異なってきますが、

あまりに短いとただ濡らしただけのケースもあるそうです。

 

そんな場合は汚れが残っている上に塗るので、

せっかくの塗装がカタログ値よりも耐久性の低下を招いたりします。

 

洗い残しがないか確認しつつ作業しています。

ありがとうございます

屋根と外壁塗装はしっかりした足場から

しっかりした足場は職人も安心できます

屋根を塗る時に、万一足を滑らせても

すぐそばに足場板があればずっと安全です。

周りに塗装中の現場があったら、一度ご覧になってください。

ありがとうございます

 

サイディングの塗りつぶし塗装

中塗り終えて上塗り作業中です

サイディングは現在主流のものは、工場であらかじめ塗装されてきます。

インクジェットによる吹き付けなので、多色多彩な色合いのものもあります。

こんな感じ↓

(ニチハHPより拝借)

 

車と一緒で塗装は色あせが起こります。

クリア塗装が出来るのは、実際に建物にサイディングが張られてから

12年程度までというのが実感です。

それ以上経つと変色・退色が進み、クリアではきれいにならないケースが増えます。

塗りつぶし塗装は、そんな時に使われる塗り方のひとつです。

ありがとうございます

 

付帯部分の塗装

付帯部分というのは、屋根や外壁まわりに付いている、

雨樋やテラスなどを指します。

素材が違うので塗料の種類を変えて塗ります。

画像は木の軒先に付いている金属板を塗っています。

さらにその先は樹脂製の雨樋。

これらは他の部分とは作業内容を変え、

下塗りも違うのもを選択し、細かなところを刷毛塗りします。

手間暇かかりますが、その違いは6~7年後から現れます。

ありがとうございます

外壁のクリア塗装

サイディングは多彩な模様が人気の要因でもあり、

塗り替えの際にも模様を残したいと言われるお客様がいらっしゃいます。

サイディングも元々は塗装品ですので、

塗膜が弱っていなければクリア塗装ができます。

ありがとうございます

軒下の天井に塗装

軒下は通常の雨では濡れませんが、台風や雷雨になると

びしょびしょになってしまう部分です。

それだけに徐々に表面が劣化していきます。

軒下も塗り替えると、お家のすぐ傍に立った時、

とても明るく感じます。

日頃は目に入りにくい場所ですが、塗装の際には

一緒に塗っておくといい部分ですね。

ありがとうございます

 

訪問販売業者による塗装の後始末3

再塗装が大変なのは、

出所不明の塗料、

同じシリコン塗料(フッ素でも)とうたっていても、

シリコン樹脂の含有率が低い塗料、

そしてやるべき工程を省いて塗ってある。

このような場合ですね。

こちらのお家も訪問販売業者が前回塗ったそうで、

おかげで下塗りまでの手間がかかりましたが、

最終的にきれいな仕上げに出来ました。

塗装の見積書は金額だけではなく、

どこのメーカーのどんな塗料を使って、

どれくらいの人工(にんく)をかけて塗るのか、

そいうったところまで質問してみてくださいね。

ありがとうございます

 

訪問販売業者による塗装の後始末2

前の訪問販売業者が塗った塗料の密着度が弱く、

新たに塗った下塗りがあちらこちらでプクプクと浮いた状態に。

それを更にケレンをかけ、

ようやく中塗りができるようになりました。

 

高圧洗浄

乾燥

ケレンがけ

清掃

やることやってない塗装は、長持ちしないうえに

再度の塗り替え時に思わぬ手間がかかってしまいます。

あなたの大切な住まいを任せる業者選びは慎重に。

ありがとうございます

 

きららホームへのお問い合わせ・ご相談・お見積りのご依頼はこちら

  • 資料請求
  • ご相談・見積り
  • 無料診断
お気軽にお電話ください。
お問い合わせは今すぐ フリーダイヤル 0120-28-5893
fax 24時間対応 058-328-5738
または、お問い合わせフォームよりお問い合わせ下さい。お問い合わせフォームへ
お問い合わせ後に無理な売り込みや訪問販売は一切いたしません。