ただいま施工中

古民家再生

大きな古民家の再生㉙ クロス

吹抜の壁にクロスを張る職人さんたち

おはようございます、きららホーム広報担当です。

足場の上に乗っての作業、長いところでは二人がかり、

クロスは立派な丸太を強調するために、白系の無地柄を選ばれています。

気を付けて作業しています。

それでは。

古民家フルリノベーション㉓ キッチン

明けましておめでとうございます。

本年も「ただいま施工中」コーナーをよろしくお願いいたします。

 

古民家フルリノベーション宅のキッチン工事場面です。

ショールームで選ばれた部材がちゃんと納入されているか、

職人たちが確認しています。

キッチンが組み立てられると、一気に部屋らしくなっていきますので、

ワクワクしています。

 

ありがとうございます。

 

大きな古民家の再生㉘ 梁にお化粧

大きく湾曲した木の梁を魅せるために塗装しています

地道だけれども丁寧な作業の繰り返しが、

美しくて魂のこもった住まいになっていくんですね。

 

年内の『ただいま施工中』は今回が最後です。

一年間ありがとうございました。

そして来る年は、

日本中が笑顔になれるといいですね。

 

それではまた

 

古民家フルリノベーション㉒ クロス

クロス張りが始まっています

表面の凸凹を均すためのパテ打ちと

サンダー・ケレン掛けがとても重要な作業で、

ここを丁寧に行う人は腕の良い職人と言っても過言ではありません。

 

こちらでももちろん、綺麗に張る職人が作業していますよ~

 

ありがとうございます

 

大きな古民家の再生㉗ ふすまをつくる

座敷のふすまを新しくつくるために、

棟梁と木製建具職人が打ち合わせをしています。

昔ながらの建具(木の引き戸、ドアなど)では、

大工と指物職人は現在でも切っても切れない関係なんですね。

ありがとうございます

 

古民家フルリノベーション㉑ 木の梁に塗装

古い木組みを「古材」と言います。

このままでも充分に味がありますが、

より完成度を高めるために塗装します。

先行してペーパーがけ

 

そしてハケ塗り

艶も出ていい感じです♪

 

ありがとうございます

 

大きな古民家の再生㉖ 大壁

大壁は柱を見せないようにする壁の作り方で、

現在はほとんどの住宅で行われています

古民家を大壁だけにしてしまうと勿体ない上に味気なくなってしまうので、

場所によって柱を出したり隠したりしています。

画像は大壁部分の大工工事です。

 

ありがとうございます

 

大きな古民家の再生㉕ 玄関

古民家の醍醐味のひとつに

玄関内の格天井(ごうてんじょう)があります

格天井とは、木材を縦横の格子状に組みつけ、

その間に無垢の板を打ち付けた天井で、

何十年たっても、

場合によっては100年以上経ても、

その気品は衰えるどころか、

むしろ風格が高まっていくので、

古民家が好きな人にはたまらない魅力があります。

 

古き良きものを大切に…

 

ありがとうございます

 

きららホームへのお問い合わせ・ご相談・お見積りのご依頼はこちら

  • 資料請求
  • ご相談・見積り
  • 無料診断
お気軽にお電話ください。
お問い合わせは今すぐ フリーダイヤル 0120-28-5893
fax 24時間対応 058-328-5738
または、お問い合わせフォームよりお問い合わせ下さい。お問い合わせフォームへ
お問い合わせ後に無理な売り込みや訪問販売は一切いたしません。